野菜が嫌いな原因

野菜嫌いな 大人へ!その原因は

子供の頃は好き嫌いが多くて、大人から注意を受けることがあります。

特に野菜や魚など、苦味や青臭いものを子供が苦手だと感じる傾向が強いです。

苦味や青臭いもの

親が子供の栄養のことを考えて、苦手意識を克服するために工夫して料理をしますし、学校で給食制度があることから、成長するごとに好き嫌いを克服することができます。

ただ大人になっても好き嫌いがあるという人もいて、中には野菜嫌いだという人もいます。それは子供の時に親が好き嫌いを克服するように指導してくれなかったこと、好きなものを食べなさいと放任されていたことも影響している可能性があります。

化学調味料や添加物の多い食事は味覚が麻痺する

添加物の多いお惣菜や加工食品などを食べることが多い場合は、味覚が麻痺してしまい、味の濃いものを求めるようになってしまいます。

化学調味料は味覚をマヒする

化学調味料を使った食品は確かにおいしいと感じがちですが、それに舌が慣れてしまうと野菜を加工した食事は味気ないと感じたり、苦味や青臭さがまずいと感じるようになってしまいます。

このように幼少時の家庭の食事環境が大きな影響を与えていることが考えられますが、大人になったら野菜を食べるか食べないかは自己責任になるとも考えられます。

大人の野菜嫌いの原因は視覚的・味覚的・心理的

大人が野菜嫌いになる理由は、視覚的・味覚的・心理的なものがあります。

視覚的問題

視覚的なことが原因な場合、野菜そのものの色や形が苦手であったり、調理をしたときの形態が嫌だということがあります。

また独特のにおいが苦手だという場合は、その野菜が少し入っていただけでも料理そのものを食べられなくなってしまいます。

味覚的問題

そして味覚的なものとしては、野菜の場合は青臭さや苦味が苦手だという理由で避けることがあります。

子供の頃は苦味や辛味が苦手だということが理解できますが、成長するごとに味覚も少しずつ変化をしてきます。大人になったらおいしいと感じられるものでも、子供の時にまずいと感じたことが植え付けられていれば、再挑戦してみようという気持ちが起きないので、そのまま食わず嫌いになってしまうことがあります。

視覚的・味覚的・心理的問題

心理的問題

そして心理的な場合は、子供の時に食べて苦手だと感じた思いを大人になってからも引きずっていることが挙げられます。苦手意識が植え付けられてしまうと、大人になったら色んな食べ物がありますから、わざわざ食べる必要性を感じなくなり、結果的に永遠に食べないようになってしまうことがあります。

視覚的・味覚的・心理的などそれぞれ野菜嫌いになる原因はありますが、子供の時に比べて大人になると、ちょっとしたことで克服できるようになります。

野菜は体を健康に保つ上で欠かせないもの

また野菜は体を健康に保つ上で欠かせないものですから、克服できるように努力することが大事です。野菜を全く摂取しない人は、病気の発生率が摂取する人と比べてかなり高くなることがわかっています。

病気の発生率と肥満

野菜からの栄養素が摂取できないという理由で病気の発生率が上がりますが、それだけでなく野菜を食べない代わりに炭水化物や肉などを頻繁に摂取することで、肥満になったり内臓に負担をかけやすくなってしまうからです。

身体の健康を保つためには栄養バランスのとれた食事が欠かせませんから、野菜嫌いを克服することは、健康を維持することでもあるといえます。

大人になってから野菜が嫌いになる事例

小さい頃は野菜を特に好きだと感じなくても嫌いではなかった人が、大人になってから野菜が苦手で偏食になることがあります。それやお酒をのみすぎたり、煙草を吸い過ぎたりして味覚障害が出ていることが考えられます。

煙草と味覚障害

特に煙草は味覚を麻痺させてしまいますし、健康を損ねてしまうことがあるから、大量に摂取することは控えたほうがよいでしょう。視覚的・味覚的・心理的なことが原因で野菜が苦手でも、大人になったら自分で努力して苦手を克服する努力が必要です。